金子隆先生

金子先生のホームページへ
金子先生のホームページへ

教授紹介 金子隆先生

経歴   1975年慶應義塾大学経済学部卒業

     1977年慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了

     1980年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了

     1982年慶應義塾大学商学部助教授

     1992年慶應義塾大学商学部教授

               2013年慶應義塾大学商学部長(~2015年9月)

専門領域 ファイナンス(特に企業金融論)

研究紹介 新規株式公開(IPO)の価格形成のメカニズム、企業金融

     における銀行借入の役割、の2つが特に関心を持っている研究課題。

担当科目 金融論Ⅰ、Ⅱ(3,4年生対象)ほか

所属学会 日本金融学会、日本ファイナンス学会、日本経済学会

     American Finance Association,

              Financial Management Association

先生によるゼミ紹介

Ⅰ研究領域

およそ金融・ファイナンスに関することなら何でもゼミの研究対象となりますが、私自身の専門は、企業の財務政策を資本市場との関連で考察をする企業金融論と呼ばれる領域です。個人的に関心を持っている研究課題は、新規株式公開(IPO)の価格形成メカニズム、企業金融における負債構成の決定要因、人はなぜギャンブルをするのか(異質的期待の観点から)の3つです。ゼミの最終目標である卒論に関しては、学生諸君にテーマを押し付けることはせず、関心のある金融・ファイナンスの問題にできるだけ自由に取り組ませるようにしています。

 

Ⅱ研究会の特徴

私の研究会では、現実の金融・ファイナンスに関する諸問題を経済学・数学・統計学などの分析道具を用いて考察します。その際、新聞等で目にするトピックスについて、ただ表面的な知識を得るのではなく、常に「なぜ?」という形で問題を提起し、仮説を構築して妥当性を検証することで答えを見つけ出す、という作業を課しています。それにより、物事の是非を先入観抜きで客観的に判断する力と、「論理と証拠」を武器に自分の意見を述べる力を養ってもらう。これがゼミの指導で私がもっとも心がけている点です。