ゼミについて

Q.どんなことをしているの?

A.金子ゼミでは金融論・コーポレートファイナンスについて勉強しています。先生が特に得意としている分野は企業金融、銀行行動、金融政策、新規株式公開(IPO)の価格決定メカニズムです。もちろんこれらの分野のみにとらわれず、自分の関心のある金融論、ファイナンスのテーマについては自由に取り組むことができます。
3年生の春学期には金融論・ファイナンスのテキストを輪読形式で学習し、ファイナンスに関する知識を体系的に学ぶことができます。そのために必要な、数学・経済学・計量分析も学習します。秋学期では三田論・インゼミの発表の準備を行います。4年次ではゼミの集大成である卒業論文の完成を目指します。

Q.コーポレートファイナンス(企業金融)とは?

A.企業の投資政策(数あるプロジェクトの中のどれを実行するのか)、財務政策(投資に必要な資金をどのように調達するのか、例 負債で調達するのか、株式を発行して調達するのか)、そして配当政策(株主への利益還元をどのように行うか、例 株主に配当するのか、内部留保して次の投資に回すのか)、これら三大政策をまとめてコーポレートファイナンス(企業金融)といいます。いずれの政策も、企業価値の最大化を目指しているので企業金融は経済学の応用分野の1つと考えられています。

金子ゼミでは、どのような企業金融政策が企業にとってベストなのか、ということを研究しています。

Q.ゼミの雰囲気は?

A.ゼミ員は様々なタイプがいて、全体的に明るいです。
勉強するときは勉強し、遊ぶときは遊ぶといったようなメリハリのあるタイプがあつまっています。

Q.先生はどんな人?

A. 先生は、私たちに対し厳しくも温かい指導をしてくれます。先生は知識ではなく、理解することが重要であるという考えをお持ちです。難しい理論を簡潔に論理的に説明し、ゼミ生が理解し納得するまで教えて下さります。またゼミ生が発表する際も論理的で説得力のある説明を求めます。

理論で現実のファイナンスに関する出来事を解明できることが面白いという考えから、授業では日経新聞の解説を通して、理論と現実を結び付けて説明してくれます。

ゼミ以外の時間でも質問すれば熱心に答えてくれます。
先生は学生との交流も大事にしていらして、ゼミの飲み会にも時間が許せば必ず来てくれます。

Q.メンバー構成は?

A. 27期生(4年生)16名(女子8名)他学部生0名

28期生(3年生)18名(女子7名)他学部生0名

先輩後輩、男女仲良く、そして時に切磋琢磨しあいながら日々活動しています。

Q.ゼミの歴史は?

A.金子ゼミは30年以上の歴史があり、最後の代となる今年で28期生となります。これは商学部の中でもトップクラスの歴史です。OB・OGの方々が非常に多く、タテのつながりも強いゼミです!!